三宅島釣行記

こんにちは!管理人のぽんたです。
3/24(木)の夜出港で3/26(土)帰りで三宅島に行ってきました。

※デジカメで写真を撮っていたのですが、帰ってきて確認したらなぜか写真が消えてました。写真は少なめです。すみません。

3/25(金)
天気は曇り、うねりは2~3m、風は北東から4mという天候でのスタートです。
釣り客はほとんどいない状況でしたので、どこの磯でも入れるといった感じでした。
ということで、いつもどおりのタイ根へ(笑)
竿:U社 ゼロサム尾長TYPEⅠ(2.5号相当) 5.0m
リール:S社 尾長SPECIAL6000D
ミチイト:5号
ハリス:5号(2ヒロ)
ウキ:ウェーブマスターL(1号)、黒魂Switch(0とB)
ハリ:ブライト8号~12号、伊勢尼11号
【コマセ概要】
オキアミ(3kg)×2枚
スーパー1×1袋
ハイパーグレZ×1袋
高場は大サラシができていて釣りにくそうでした。また、ワンド側は静かだったので、釣りやすそうな先端に入りました。
コマセをうつと、餌取りらしい小魚がたくさんいました。また、時折、よた波というか波が上がってくるので、ちょっと注意しながらのスタートです。
9時頃に35㎝くらいの尾長がヒット!無事に釣り上げてキープ。こっひー部長には、リリースサイズだ!と笑われましたが、もしもに備えてのキープ。それに我が家のグリルに入りきるサイズが欲しかったので(笑)
その後、40㎝の尾長が、私にヒット!同じタイミングで、こっひー部長も同じサイズを釣り上げていました。
今回は、釣れるかなぁと思っていたのですが、魚がかかったきたのはここまで。
その後は、手のひらサイズがかかってきたりで、サイズが伸びません。
昼に近づくにつれ、だんだんと波が強くなってきてスプラッシュを浴びるようになってきたのでワンド側に移動しました。
ワンド側は、朝に比べればザワザワしているのですが、良型の尾長には出会えませんでした。
手のひらから30㎝くらいといったところです。午前中はここまで。

昼食と午後のコマセをとりに、ホテル海楽へ。関さんと上原クンと午後の磯をどこにするか相談です。
私はワシ鼻に行ってみたかったので、お願いして、みんなでワシ鼻へ。
車を止めていると、夕景のかっちゃんと夢釣人さんのブログでおなじみの「のりぐれ」さんに会って、結局、6人でワシ鼻へ。

高いところ:かっちゃん、のりぐれさん
中段:関さん、上原クン
低いところ:こっひー部長、ぽんた
ザワザワと波気もあり、いい雰囲気です。仕掛けを投入するとサーーーッと右に流れていくような感じなので、ハリスにBのガン玉を1つ打ってスタートです。遠投すると仕掛けが安定しないので、磯際に仕掛けを入れます。
15:00を過ぎると、関さん、上原クン、こっひー部長に当たりが頻繁に出始めます。

ありゃ、なんだか出遅れた雰囲気です。その後も3人は頻繁に竿を曲げますが、間に挟まれた私だけ当たりがありません。
うむー・・・
とりあえず、暗くなる前に電気ウキに仕掛けをかえるかなと思いながら、仕掛けを回収しているときにスプラッシュを浴びてしまったりして踏んだり蹴ったりでした。
※関さん、上原クンは頻繁にスプラッシュを浴びてました。ちょっと可哀想でした。
仕掛けをかえて流し始めると、1投目からヒット!うほほーい☆
ゼロサムがいい感じに曲がります。すばらしい。
※私の使っている初代ゼロサムは、めっぽう堅い竿というより柔軟性もあり、個人的には気に入ってます。

でも、なんで、いきなり釣れたんだ?と考えたのですが、おそらく、ハリスのBのガン玉が間違っていたのかもしれません。魚にとっては違和感があったのかなーなんて思います。
18:30に片付けを始めるまでに、こっひー部長と私とでキープ分で12匹の40㎝オーバーの尾長を釣りました。この他に30㎝クラスもいれると、タブン30近くは釣っていたと思います。
背中と腕がパンパンで疲労困憊です。いやーでも、幸せです。炸裂!とはまさにこのことなのでしょう。
あと、尾長に混じってイサキが釣れました(笑)海楽でサイズを測ると41㎝ありました。

引きがすごかったですよ!
ちなみに、関さんと上原クンは二人で25枚ほど釣ってました。スゲー
海楽の流しが一杯になりました。



海楽で1匹を捌いてもらいお造りにしてもらいました。プリプリで甘かったです。

3/26(土)
今日は、最終日。昨夜にこっひー部長と相談して4:30起きで行こうと話していたのですが、見事に寝坊(汗)
6:00に起きてのろのろと準備をして出発です。どこにすっかなーなどと話しながら、ダラダラ運転です。
前日に、たっぷり釣っていたので心の余裕はMAXです。
とりあえず、餌も効いているであろうワシ鼻に入ることにしました。
波気もあり、雰囲気満点!
コマセを打つと、わーーーーーーーーーーっと小魚、木っ端メジナ、フグが寄ってきます。
付けエサが瞬殺されます。磯際にコマセを厚く打って、仕掛けをちょっと遠投すると30㎝あるかどうかの尾長がパタパタと釣れてきます。今日は、40サイズは釣れないねーとこっひー部長と話していたときに、すさまじい当たりが来ました!
竿を叩かなかったのでイサキ?50の尾長?なんて思いながら必死でやりとりしていると、一瞬、白くキラッと光るのが見えて、あ、あーーーーイスズミか・・・でも、とんでもない引きでした。ドラグを目一杯しめている(6㎏の設定)のに、ギリギリと出ています。5号のハリスとはいえ、これ以上、磯際でズルズルやられると、切られると思ったので無理に浮かせにかかりました。ゼロサムのパワー、はんぱないです。アテンダーⅡ(2号)では、こうもいかなかったかもしれませんね。
釣り上げてみると、50サイズのイスズミでした。しかも、針を外している時に盛大にウ○コをしやがった。夢釣人さんからもらったタモがウン○まみれになりました。
ここで、私は疲労困憊になり、コマセも尽きたので竿をしまいました。
こっひー部長は、その後、10:30までがんばったのですが、キープサイズには届かず終了です。
海楽に戻ってシャワーを浴びて帰り支度です。
前回、船が欠航となり帰れなかったのですが、今回は無事に帰れました。
※三宅島発は、条件付になっていましたが、無事に出港です。よかった。

釣った魚は、知人に配ったり、友人のお店に持っていきました。
友人のお店で、刺身、煮付け、フライ、塩焼きを食べたのですが、時にフライはめちゃくちゃ美味かったです。
塩焼きは、皮をパリパリに焼いて食べると、何とも言えない海苔の風味のようで美味しかったです。
魚を捌いた友人によると、お腹の中はオキアミではなく、海苔がたくさん入っていたそうです。3月は、海苔の生えた磯際を狙うといいのかもしれませんね。
追伸
この時期は、別れの季節なんですね。三宅島からの帰りの船では、引っ越しをする友人や先生の見送りの方がたくさんいらっしゃいました。
「夏には遊びに来てねー」「ずっと友達だよー」という、声が聞こえて、ちょっと涙がでてきました。
都内に比べれば三宅島は不便かもしれませんが、子供にとってはよい経験をしたのではないかなと思いました。


ありがとう三宅島!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまです。
ワシ鼻って近くて足場も良くて好きな場所です。
メジナよりもジャンボイサキが羨ましいです♪
もう少しすれば外道でフエフキとか掛かりそうですね。

そろそろ50センチアプ狙いにシフトかな?



心筋梗塞で入院中のふぐどんです

暇つぶしに久しぶりに磯投げ情報とか買ったらどこかでみたシマアジ写真が!?

ポンタ君も投稿しなきゃ!

まさかの磯釣り秘伝の方に?

コメントへの回答

亀レスですみません。

みゅんまりさんへ
今回、初めてワシ鼻に入りましたが雰囲気が良くて釣りやすくていい場所ですね。気に入りました!
ジャンボイサキは、塩焼きにしたのですが脂が乗ってて美味しかったです。家族で高評価でした(笑)

総帥へ
早く良くなってくださいね。
大物賞は、カカリ釣りで黒鯛狙いで頑張ってみます!
黒鯛の酒蒸し、うまいんだよなぁ

紹介しておいたよ

Facebookでリンクしておいた。
火葬場やワシ鼻は基本ガン玉無しね。針元に付けると根掛かりしちゃうから。ノーシンカーで2.5mくらい取った方が食いがいい。
もちろん、漂ってる間に食っちゃう感じ。
浮力調整目的なら、サルカンの上に打つことはあるよ。

夢釣人さんへ

なるほど、ノーシンカーなんですね。
たしかに漂っているうちに食ってくるといった感じでしたね。
次回は、その辺りを気をつけてみます!
プロフィール

ぽんた(管理人)

Author:ぽんた(管理人)
こっひー(兄)
2児の父。恐妻会漁業部の部長。職場きっての恐妻家。「三宅島に行かないと死んじゃうよ」が口癖

天天
1児の父。こっひー(兄)の実弟。若き日に釣り修行と称して野宿をしていた猛者。我が漁業部一のイケメンにしてフカセ主任。

ぽんた
2児の父。恐妻会漁業部の副部長。道具はよいものを持っているが腕がともなわず。エアグレ釣りが得意

みんなのあしあと
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タイドグラフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR