三宅島釣行

こんにちは
管理人のぽんたです。
3/26(木)出港で28日(土)までの日程で三宅島に行ってきました。
今回は、いつもの部長、ぽんたに加え天天も参加です。
事前に、天天には参加して欲しいことを手紙で送っておいたので奥様との交渉はスムーズ(嘘)だったようです。

26日は、仕事を早上がりして準備をして、竹芝桟橋へ向かいました。
大島便はめっちゃ混んでましたが、三宅島行きは釣り客が20人程度といったところでした。

修学旅行のようなウキウキ感満載で天天がアルコールを用意してくれていたので、いい感じで酔って寝てしまいました。

前日まで出張で全くの睡眠不足だったことも影響したかもしれません。
起きたら4:30!
急いでトイレに行き俗世の膿などを出して歯を磨き、身ぎれいになってから三宅島へ上陸です。
私たちの予想では三池港かな?と思っていたのですが、錆が浜港に到着です。
我らの定宿ホテル海楽まで徒歩で移動。

のろのろ準備して関支配人に挨拶してタイ根へ向かいました。

【タックル概要】
竿:G社 アテンダーⅡ 2号 5m
リール:D社 プレイソ 3000H-LBD
ミチイト:4号
ハリス:4号(1.5ヒロ)
※浮き下から2ヒロ。最大4ヒロまで。
ウキ:円錐ウキ(3B~1号)
   天狗ウキナビュー(M0、M-)
ハリ:カラーマダイ8号、ブライト8号
その他:光物は今回はつけませんでした。
    夜釣りも仕掛けは変えていません。ウキを電気ウキに変更しただけです。

タイ根は誰か入っているかなと思ったのですが、高場、先端、ワンドとも無人でした。

そこで場所取り(よい子はまねしちゃダメだぞ)もかねて
先端:天天、ぽんた
ワンド:部長
と分かれて入りました。
開始1時間はなーーんも釣れなかったのですが、天天がポツポツと手のひらサイズの尾長を釣り、私がイスズミと戯れる程度でした。

ちなみにワンドにはキビナゴ?のような小魚が群れていてどうにもならなかったそうです。
午前中はこれといったイベントもなくただ闇雲にコマセを消費してしまいました。

午後は関支配人と一緒に行く予定にしていましたので、13:30ごろタイ根をあとにしました。
ここまで、キープなし(涙)

一度、ホテルに戻りコマセを追加して関支配人とどこに入るのか検討しました。
午前中、好調だった新鼻よこの無名磯(僕らの中では「せきちゅあん」)に行くことにしました。


潮も引いていてかなりの浅場だったのでハリスは1ヒロちょっとで始めました。
15:00ごろ実釣開始!

開始早々に関支配人が尾長を釣り、「おぉーー」とみんなの気持ちが上がります。
関支配人からは「尾長を釣らないと写真撮りませんからね」と言われ、プレッシャーがかかります。
16:30ごろ私にかかりました!45㎝!!きたこれーーーーーー

その後、部長にも40オーバーの尾長きました。

あれ?天天はというと、イスズミ、口太がかかるのですがなかなか尾長がかかりません。
そのうち、関支配人も「かえりまーす」ということで、天天の写真はなし。
でも、ちゃーんと釣ってましたよ、尾長(笑)

そのまま夜釣りに突入です。
19:30までに尾長、口太、オジサン、サバが釣れてウハウハでした。
風も強くなってきて潮も上がってきたので、納竿としました。あのまま釣っていたらいくらでも釣れるような感じでしたね。
帰りのバッカンが重いこと。満足行く釣果でした。


ホテルでしっかりと食事を取って閉店まで飲んで、風呂に入って就寝です。翌朝は5時には出発する予定で4:30起床です。

で、起きたら6時でした(号泣)
もう、急いでも仕方ないのでのんびり準備して、昨日の磯へ行きました。幸い、誰もいなかったので入ったのですが風も強く、満潮へ向かっていることもあり先端には入れないので奧側で竿をだします。

弁当を食べて8:30ごろ実釣開始です。天天が帰りにシャワーを浴びて帰りたいというので納竿時間を10:30にして正味2時間の釣行です。

潮はあまり動いている様子もないので足元からスタートです。ウキをゆっくりと沈めていくと強力なあたり!!!
アテンダーⅡ(2号)が4番から弓なりに曲がります。
とんでもない突っ込みで「こりゃ50クラスか!」と思ったのですが、ゆっくり上がってきたのは50クラスでもイスズミ。ありゃーと思いながらタモの準備をしていると針がぴょーんと取れてしまいました。
その後は特にあたりもなく、ただ、潮が動き始めたので遠投して70mほど流すとバチバチーとあたりがきました。釣り上げたのは40に届くかどうかの尾長でした。
同じようなタイミングで、天天にも当たりが来て同サイズを釣り上げて本日の釣りは終了でございます。

あれ?部長は??というと、当たりなく終了。若干、ご機嫌が斜めでした。

今回、ホテルで聞いたところ好調だった磯は、大久保港、割間、湯の浜だったそうで、すべて浅場の磯でした。水温が上がりきらなかったからなのか、潮通しがたまたまよかったのかはなぞですけどもね。

いい勉強になりました。やっぱり三宅島はいいね☆

捌いた魚ですが、お腹から海苔が大量に出てきてオキアミは出てきませんでした。また、卵、白子もあり美味しくいただきました!


※ブログ内の写真の一部はホテル海楽からお借りしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大漁おめ!

水温下がり気味でも潮が動く所は最後には口を使うということかな?

総帥へ

おはようございます。
日中は本当に我慢の釣りですね。夜の2時間くらいしか釣れる時間はなかったです。
浅場で水温の温まりが早いのか、動いていた潮が暖かったのかよくわからないですが、総じて海水、戻ってきた付け餌は冷たかったですね

No title

大久保堤防は、GW前後に大物が回遊するから侮れない。
ジモティやカゴ師さんが多いけど。
それと、ニッパナ横磯は昔から有名で、たぶん無名では無いです。
500円で三宅磯マップ買って下さい。

この記事、近々に「オボカたる」、もとい「盗用する」予定だけど、そこで質問。
白子と卵、本当に尾長から出て来たか?口太からではないか?
天狗ウキは上手く使えたのか?

夢釣人さんへ

小保方るwww
今回は、私の持ち帰りは4匹でした。全て尾長。2匹は何も入ってなかったですが、残りの2匹で白子と卵が入っていました。まだ、小さいような感じでした。天天はクチブトを持って行ったので、また、違った結果かもしれません。
500円の磯マップは、三宅島で売ってますか?都内だとどこで売ってますか?

天狗ウキナビューですが、夢釣人さんが言う通りに浮力がかなり小さいように思いました。サルカンを使わず直結にしてもドンドンと沈んでいってました。
潮が動いていないという感じではなかったのですけどもね。なかなか難しいです。
またチャレンジしてみます!


新鼻の付け根の左側はゴンパチだっけ?
新鼻とシンズシロが見える高台から下って行く所
磯名地図どこで売ってるか?
東海汽船の錆が浜発着所や三池ならワゴン売店にあるけど?

No title

亀レスですみません。
天狗ウキナビューは、本物の天狗ウキとの兼ね合いで、たくさんの浮力を販売できないのでしょう。
それにしても、沈みが速すぎますよね。
でも、それで11月には青根で良型のシマアジを釣りましたし、夕景釣具店にも常備していますから、必ずや劇釣アイテムになります。
僕の感覚では、足元ヘチに大魚が出現したときなどに、鼻先に餌を届けるのに最適のような気がしています。

難しいですね

夢釣人さんへ

天狗ウキナビューの件、ありがとうございます!
浮力もそうですけど、小さいのかなぁという気もしています。ウキと言うより潮受けなのかなと思うようになりました。
使い時というか、使い方をちゃんとできればいいアイテムになるかもしれませんね。
ネットで使い方を調べても、なかなか出てこないので、自分でもう少し研究してみます☆
プロフィール

ぽんた(管理人)

Author:ぽんた(管理人)
こっひー(兄)
2児の父。恐妻会漁業部の部長。職場きっての恐妻家。「三宅島に行かないと死んじゃうよ」が口癖

天天
1児の父。こっひー(兄)の実弟。若き日に釣り修行と称して野宿をしていた猛者。我が漁業部一のイケメンにしてフカセ主任。

ぽんた
2児の父。恐妻会漁業部の副部長。道具はよいものを持っているが腕がともなわず。エアグレ釣りが得意

みんなのあしあと
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タイドグラフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR